WHO(世界保健機構)認定の、うつ病と不安症の予防と介入を目的としたグループ学習プログラム

【 4-7 歳】ファンフレンズ

SzV174-HE187

“楽しみながら”レジリエンスを高める

ファンフレンズは、4-7歳の子どもが遊びをベースとした様々なグループワークを通し、“楽しみながら”困難を乗り越えるためのスキルと知識を学ぶ事が事が出来るグループプログラムです。

フレンズで身につける事ができるスキル

・笑顔で人の目を見て接することができる。
・自信をもって話すことができる。
・自分が今、どんな感情なのかを理解できる。
・他人がどんな感情なのかを理解し、共感することができる。
・家族や友達、先生を助けることができる。
・感情によって起こる、体の合図に気がつく。(例えば、ストレスによって腹痛が起こる 等)
・ストレスや困難な状況でも使えるリラクセーション方法。
・グループに馴染む。
・新しいことにチャレンジする。
・ネガティブな考えをポジティブな考えに変える。

フレンズ(Friends)の意味

フレンズ(FRIENDS)のそれぞれの頭字語は以下のレジリエンスを高めるための重要なキーポイントを表しています。

Feelings フィーリング自分の気持ちを話し、人の気持ちに気づく
Relax リラックスミルクシェイク呼吸をして静かにすごす
I can try! アイキャン
Encourage イージーハッピーホームへのステッププランを作りトライする
Nurture ナウさあ、自分にごほうび(楽しい活動を一緒にする良質の時間)
Don’t forget-be brave! ドゥ練習する(友達や家族と習ったスキルを毎日実践)
Stay happy スマイルいつも笑顔で

SzV174-HE187

ファンフレンズの効果

ファンフレンズは、研究により以下の効果がある事が実証されています。

  • 自信がつく。
  • ストレスに対処できるようになる。
  • 恐れや不安に対処できるようになる。
  • 社会性が発達する。
  • 大人とも上手に接することができるようになる。
  • 自己肯定感が高まる。「ありのままの自分でいいんだ」
  • 身近なことからも幸せをみつけることができる。
  • いろんな考えに対し、ネガティブかポジティブかを判断し、ポジティブな考えを大きくすることで、行動が前向きに変化する。
  • 目標に向かって、小さなステップに分けて一歩ずつ前進していけるようになる。

お家でも、繰り返し復習することで、子どもだけでなく、家族で一緒にたくさんのスキルを身につけることができます。みんなでもっと、楽しい生活を送りませんか?

ファンフレンズのカリキュラム

ファンフレンズは、10のセッションにより構成されていて、それぞれのセッションは約1時間です。

セッション 内容
1 家族とわたし・ぼく 自己紹介をする
2 自分の気持ちを理解する れしい、悲しい、心配、怒りの4つの感情
3 人の気持ちを理解する 他人の感情に気づく
4 体が出すヒントを理解する それぞれの感情の時に表れる体のサイン
5 赤と緑の考え方 役に立たない考え、役に立つ考え
6 緑の考えを大きくし、赤の考えを小さくする 役に立つ考えを大きくする
7 ハッピーになる階段を登る、みんなできるよ 目標をたてるステッププラン
8 家族、学校、近所、友だち お手本になる人、憧れの人、ロールモデル
9 自分の周りにある愛情と友情 サポートネットワークに気づく
10 お祝い 頑張った自分たちにご褒美

「ファンフレンズ」は、子どもたちが遊び感覚で参加できるプログラムです。人形や絵本などの教材を使用したり、歌やダンス、ゲームなどを通して、楽しみながらいろんなスキルを習得します。

動画で見る

コアラパペットを使って いいことVS悪いこと

パスウェイズ・ジャパン事務局 TEL 050 5534 1300  平日午前9時~午後5時

PAGETOP
Copyright © Pathways Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.